現在のページ : HOME

非日常体験

そもそもデリヘルなどの風俗を利用する楽しさとはなんでしょうか。
今回はその楽しさと遊ぶコツを紹介します。

まず、自慰行為よりも充実した性欲処理ができるということ。
彼女がいない、奥さんとセックスレスでもう何年も夜の営みをしていない、そんな男性の性欲処理のためにあるのが風俗です。
つまり、基本的には普段の生活で性行為に関して不満がある男性のための救世主が風俗です。
相手がいなくて困っていて、AVや成人向け雑誌で自慰行為をすることに虚しくなることはありませんか?もちろん自慰行為も気持ち良いでしょうしお金もかからないのでいいですが、いつもそれでは飽きてしまうのではないでしょうか。
風俗なら少し贅沢してお金を払えば、三次元のリアルな女の子から、いつも想像しているようなあれこれを実際にしてもらって気持ち良くなれるのです。
しかも、場合によっては、日常生活で触れ合うことがないような、彼女や奥さんにできないようなレベルの高いデリヘル嬢に出会える可能性もあります。

次に、人生経験の一つになるということです。
風俗でできる限り避けたいことと言えば、「地雷に当たってしまうこと」というお客様は多いのではないでしょうか。
「地雷」とは、「こんなはずじゃなかった」、「お金返してくれ」と思わずにはいられない、一言で言ってしまえば残念な風俗嬢のことです。
しかし、ハズレのデリヘル嬢に遭遇するたびに、その都度一喜一憂していると、せっかくの楽しみのはずなのに自分の気が滅入るだけで疲れてしまいます。

そんなときは、「この前、こんなデリヘル嬢に当たっちゃってさ。
でもチェンジしないで最後までプレイしたよ」と、後で話しのタネにできるように、「地雷」に当たってしまっても楽しめる、懐の深い男になってしまったほうが楽しめます。
ポジティブに考えるようにしてみましょう。
「なかなかお目にかかれないデリヘル嬢に出会えた→こんなデリヘル嬢でも対応できる→男としての株が上がった」といった感じです。

風俗じゃなければ絶対に交わることがなかった女性を相手にしたというのは、なかなか面白い人生経験になるのではないでしょうか。
こういう考え方をすると、まるでゲーム感覚で楽しさすら出てきませんか?それに、男性どうしで風俗の話になったとき、盛り上がるのは、どんな美女に当たった話よりも、「こんな地雷を踏んだ」という話のほうです。
つまり、男友達に受けること間違いなしの鉄板ネタを用意することができるのです。
「全然気持ち良くなれなかったけど、話のネタになったからいいかな」と思えるように、一歩引いて余裕を持って楽しめる男になれたらかっこいいですよね。

良い人に当たってもそうでない人に当たっても、いい経験になることは間違いありません。